市販のバンドスコアが間違いだらけの意外な理由とは!?

どうも!かいちょーです。

みなさんバンドスコアって買ったことありますか?

何かのアーティストやバンドの曲をコピーするにあたってバンドスコアを購入したことある経験を持つ人は少なくないでしょう。

最近ではネット上やYouTubeなんかでタブ譜を公開している人も多いので、意外に若いバンドマンの人たちは市販のバンドスコアを買わない人も結構いるかもしれませんが。

でもどうしてもどうやって弾いているかわからない曲のタブ譜が欲しくて探してみたりしますよね。

しかしやっと目当ての楽曲のスコアを見つけて購入したはいいけど、実際にスコアを見てみると全く違ってたという経験ありませんか?

「あきらかにこの運指はおかしい!」
「物理的に弾けないだろ!」
「そもそもリズムが全然違う!」

こういうのは市販のバンドあるあるネタだと思います。

それではなぜこういったことが起こるのか?

私も長年謎だったのですが、最近知り合った音楽関係のプロの方に答えを教えて頂いてスッキリしました。

実は市販のバンドスコアのほとんどが、ギターを弾けない人が作っているそうです。

スコアの種類によっては音大生なんかがアルバイトで採譜したりしているらしいですよ。

なるほど!これなら納得ってかんじです。

確かにギターの微妙なニュアンスの表現って難しいし、ギターを弾いたことのない人ならなおさら表現しにくいですよね。

ただ、アーティスト自身が監修したバンドスコアとかは結構正確なものが多い気がします。(それでもやはりおかしい所があったりしますが…)

どういう風に制作しているかはわからないですが、やっぱり色々とアーティスト自身がアドバイスしたりしてるのでしょうか?

もちろん全てのスコアが必ずしも間違っているわけではないですが、こういった理由から市販されているバンドスコアは曲をコピーするための参考書程度に考えておいたほうが無難ですね。

やはり最後に頼りになるのは自分自身の耳と感性になるのでしょう。

昔と違ってYouTubeのライブ映像や弾いてみた動画なんかを何度も見て研究するのも勉強になって良いと思います。

理想は曲を聞いただけでさらっと弾きこなせるのが一番カッコいいですけどね(笑)

なかなかそのレベルに達するのは大変です。

私ももっと練習しないと(笑)

ただ、市販されているバンドスコアやネットに公開されているスコアを見ることは全然悪いことじゃないですよ。

私もよく見ますし、耳コピの答え合わせに使ったりもしてますしね。

結論

バンドスコアは解答ではなく、あくまで見本、参考書のようなものである。

ということで、頑張ってギターを練習しましょう!

理想はどんな曲でも耳コピができるようになることですね。

それではまた!

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です