夏の音楽フェスは熱い!夏は音楽フェスに行こう。

夏と言えば音楽フェスですね!

夏フェスの出演者が続々と決定していますね。フジロックには大御所ボブ・ディラン、N.E.R.D、ケンドリックラマーが出演して、サマーソニックにはBECK、ノエルギャラガーが決定とラインナップだけでワクワクしてしまいますね。

国内、海外問わず数多くのアーティストやバンドを生で観ることができる音楽フェスは今では年中やっていますが、やはり1番熱いのは夏!

フジロック、サマーソニック、RISING SUN、ROCK IN JAPANなどあげればきりがない程です。

ということで、個人的な意見ではありますが、フェスの楽しみ方や参加する際に注意した方がいい点を書いて行こうと思います。

まずはスタートから行くこと!

朝から晩まで音楽に浸る事が出来るのがフェスの魅力です。

お目当てのアーティストが居てそれだけが観たい!という気持ちも分かりますが、たまたま観たバンドやアーティストが心に響いたりすることも少なくないのでスタートから行くのは大変オススメです。

フェス飯を食べよう!

フェスには様々な飲食店が出店します。

魅力的なご飯もあるので食べ歩きなんかしてみるのも楽しみの一つです。

長丁場にもなるので美味しいご飯をしっかり食べていきましょう!

フェスで使える裏技!?

夏フェスの種類によっては、提携している旅行会社のツアーに参加して参戦するのもおすすめです。

なぜなら夏フェスの際は会場近くのホテルが埋まってしまって、予約が取れない場合があるからです。

夏フェスは体力を使うので、近くのホテルが取れたほうが嬉しいですよね。

会場から遠く離れたホテルだと、会場に到着する前に疲れてしまいます。

最悪の場合、どこの宿も取れないなんてことあるらしいので宿の確保は注意が必要です。

だから夏フェスガチ勢はフェスの日程が決まった時点でホテルの予約を取るそうですよ。

フェスに参加する際の注意点!

ここからは耳が痛い話になるのですが、注意点についていくつか話そうと思います。

体調管理はしっかりと。

夏場のフェスだと野外が多く体調も崩しやすいです。

水分補給はしっかりと行い、体調が悪くなったら医務室で休むのも重要です。

観たいものがあるのも分かりますが体調管理はしっかりと!

天候に注意。フジロックに代表されるのですが、天気が急に変わる事も少なくありません。

急な雨に降られたりしますのでタオルやら着替えを持っていくのも良かったりしますよ。

ゴミは持ち帰るか、指定の場所に捨てましょう。

フェスはアーティストだけでなく見る人も含めて全員でつくるものだと考えています。

ゴミが散乱していたりすると残念な気持ちになります。

開催場所を綺麗に利用すれば、次に繋がるのはあたりまえなのですが、最悪の場合その場所での開催が危ぶまれる事もあると考えて、少しの責任感を持ってフェスに行って貰えれば嬉しいです。

まとめ

長くなってしまいましたが、音楽の趣味は人それぞれ…でも新しい音楽との出会いがあるのがフェスの魅力でもあります。

一つのバンドやアーティストだけでなく色々聴いてみるのも良いと思います!

CDなどで聴くのと違い、体全体で音楽を楽しむのも良いものです。

フェスを思いっきり楽しんで、自分の音楽観を広げて楽しみましょう!

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です