【レビュー】初心者にオススメ!VOXのヘッドフォンアンプ「amplug2 AC30」

【レビュー】初心者にオススメ!VOXのヘッドフォンアンプ「amplug2 AC30」

こんにちは!にゃんこです。

皆さんは、ヘッドフォンアンプというとても便利なアイテムを知っていますか?

ヘッドフォンアンプとはその名の通り、ヘッドフォンでギターの音を聴くアンプのことです。

ギタリストならぜひ1台は持っておきたい便利なアイテム。

その中でも、VOXのamPlug2シリーズはとても人気があります。

今回はその中の「VOX amPlug2 AC-30」という種類のヘッドフォンアンプについてレビューしていきます!

ヘッドフォンアンプの購入を考えている人は、ぜひ最後まで読んでみてね。

 

VOX amPlug2 AC30の特徴

amPlug2 AC30はとてもコンパクト!

写真のように、手の中に収まるぐらいコンパクトです。

この茶色い格子状の模様は、同じくVOXの有名なAC30というアンプをモデルにしたものですね。

ビートルズが使用していたアンプとして有名ですよね。

 

いつか本物のAC30を弾いてみたいという人も多いはず。

こんなにオシャレなアンプってなかなかないですよね。

 

練習用アンプのパスファインダーシリーズも同じデザインだね。

持っている人も多いんじゃないかな。

 

VOXのamPlugはめっちゃ売れてるみたい

 

じつはVOXのamPlug2 AC30はアマゾンでベストセラーになるほどの人気商品。

エレキギターを買うときに、一緒に買う人が多いみたい。

私がギターを始めたときもこれを一緒に買っておけばもっと上達が早かったかも。。。

これがあれば、ギターを練習する時間と場所に縛られなくなるので、初心者はギターと一緒に買っておくほうがいいよ!とアドバイスしておきますね。

 

amPlug2 AC30は壊れやすい?

たまにVOX amPlugのレビューなどで「すぐ壊れる」と書かれているのを見かけます。

確かに軽くする分、耐久性は落ちてしまうのかもしれませんが、おそらくほとんどが使い方の問題でしょう。

 

付属の説明書にも書いてありますが、

本体の端っこを持たずに、プラグの根本を持って抜き差ししてね!

ってことさえ守っていれば壊れないと思います。

要は丁寧に使えばOK。

説明書に書かれていることに注意しながら、大事に使えばすぐ壊れるということもないのではないでしょうか。

 

VOX amPlug2 AC30のサウンド

正直、amPlug2 AC30を使う前は「ほんとにアンプの音がするのかなあ?」と疑っていました。

しかし、見た目こそおもちゃみたいですが、使ってみると音がめっちゃいい!

まるでアンプを通したような広がりのあるサウンドで、ヘッドホンアンプを舐めていたことを反省。

4000円足らずでこの音が手に入るなんて、これはマジで買って損はないと思いました。

 

VOX amPlug2 AC30にはどんな機能があるの?

VOX amPlug2 AC30は、簡単な操作で、すぐに演奏にとりかかることができます。

ここでは、6つの基本的な機能と、amPlug2 AC30で使えるヘッドホンについて紹介するよ。

 

1.電源ボタン


こちらは電源ボタン。プラグにちかいほうの側面にありますね。

長押しすることで電源が付くよ。

 

2.AUX

AUXとはオグジュアリーの略で、予備の入力端子のことです。

VOX amPlug2 AC30では、別売りの3.5mmの標準的なフォンジャックで、AUX端子とiPhoneなどの音響機器を接続すると、ギターの音と同時に練習したい曲を聴く事も可能になります

 

曲を聴きながらギターを練習するつもりなら、オーディオケーブルも一緒に手に入れましょう。

練習の精度がグッと上がりますよ!

 

3.GAIN

10段階で歪みぐあいを調節できます。

ちなみに、GAINが0でも、VOLUMEが上がっていれば音は聞こえるよ。

 

4.TONE

10段階でアンプの音色を調整できます。

増やすと高い音が目立つようになるんだ。

 

5.VOLUME

10段階でアンプの音量を調整できる。

耳元で大きな音をいきなりだすのは危険なので、VOLUMEは少しずつ上げていきましょう。

 

6.FX

エフェクターのこと。

3段階あって、1度も押さなければエフェクターが何もかかっていない状態となります。

エフェクター無し→コーラス→ディレイ→リバーブ→エフェクター無し…と変わっていくよ。

 

ヘッドホンは通常のものでOK!

ヘッドホンアンプ以外のアンプにも、ヘッドホンを繋げる穴があることはご存じでしょうか?

しかし実は、ヘッドホンアンプ以外のアンプだと、変換プラグなしでは穴が大きすぎて、ヘッドホンのプラグがうまく挿さらないことが多いのです。

でもamPlug2 AC30ならそんな心配もありません!

amPlug2 AC30の穴は、そこらへんで売ってる普通(3.5㎜)のヘッドホンが入る大きさだからです。

みんながよく使っている、iPhoneに付属のイヤホンマイクでも使えますよ。

 

VOX amPlug2 AC30には2段階のトレモロモードがある!

トレモロとは、音が揺れるエフェクターのこと。

amPlug2 AC30は、電源がオンになっているときに電源ボタンをもう1度押すと、トレモロモードに切り替わる!

しかも、2段階も設定できるんだよ。

 

トレモロなし

電源が起動したときのランプは緑色に光っています。

これが標準で、トレモロはついていない状態。

広がりのある、AC30らしい音です。

 

トレモロ(小)

電源ボタンをもう1度押すと、ランプはオレンジになります。

これがトレモロの1段階目。

目立ちすぎず、薄すぎないトレモロサウンドを体感できます。

 

トレモロ(大)


さらにもう一度押すと赤色に。

この状態だと、めっちゃ音が揺れます。

トレモロ好きにはぜひ1度聴いてみてほしい音!

 

VOX amPlug2 AC30の使い方はこんなに簡単!

VOX amPlug2 AC30は、普通のアンプと比較しても、使い方がめっちゃ簡単。

そんなVOX amPlug2 AC30の使い方を、注意点もまじえて紹介するよ。

 

VOX amPlug2 AC30の使い方

⑴ヘッドホンをつなぎます

 

⑵ギターに挿します

 

⑶電源ボタンを、ランプが緑になるまで長押しします

以上!(笑)

こんなに簡単にセッティングできるのは、VOXのamPlugシリーズだけかも?

 

VOX amPlug2 Leadで使用する電池は?

嬉しいことに、動作確認用の電池が2本ついてきてビックリ。

VOX amPlug2 AC30は、単4乾電池2本で動きます。

しかも、うまく使えば最大17時間まで使用可能!

ちなみに万が一電源をおとしわすれても、30分放置されると自動で電源がオフになるので、電池の消耗をおさえられるのです!

さすがVOX、細かいところまでしっかり設計されていて凄い。

 

あくまでも初めについてくる電池は動作確認用なので、電池が切れちゃう前に新しい単4電池を購入しておくことをおススメします

電池が切れて練習できないなんて、もったいない!(笑)

 

VOX amPlug2 AC30をギターに上手に挿す方法

amplug2 AC30の凄いところは、プラグを好きな角度に調節できるところ!

これならギターのジャックがどこについていても対応できるね。

 


ストラトキャスターのように斜めにプラグを指すギターでも、このようにすれば問題なく挿すことができます。

 


テレキャスターやレスポールのように、ギターの側面にプラグを指すギターなら、90度にしてあげると弾きやすいです。

 

VOX amPlug2 AC30を指すとき・抜くときの注意点

本体を引っ張ると、本体とプラグがくっついているところが痛んでしまうので、できるだけプラグに近い所を持って抜いてあげましょう。

 

VOX amPlug2 AC30とセットで買うべきアイテム

ここで紹介したアイテムも揃えれば、amPlug2 AC30がもっと魅力的になること間違いなしです。

 

UGREENのBLUETOOTHレシーバ

BLUETOOTHレシーバというものをご存じですか?

これをAUX端子に挿して使えば、スマホとamPlug2 AC30を無線でつなぐことができるのです!

 

個人的には、UGREENのBLUETOOTHレシーバが使いやすそうだなと思いました。

これが無いとヘッドホンとAUX用のコードが絡まるなんていうハプニングが起こっちゃうから、音楽を聴きながら演奏するなら必須アイテムかも?

 

amPlug2 Cabinet

amPlug2の専用キャビネット、amPlug2 Cabinetって知っていますか?

動画の通り、めっちゃ小さいのにしっかり音が出る優れものなんです!

 

アンプ・ヘッドのようにamPlug2を付け替えれば、さまざまなサウンドを楽しむことができます。

遊び心をくすぐられますね。

全種類のamPlug2を試してみたくなっちゃう!

 

amPlug2・amPlug2 Cabinet専用保護ケース

「amPlug2本体もキャビネットも小さいから、なくしちゃいそう…」

そう思う方も少なくないはず。

確かに小さいと、なくしやすいかもしれません。

しかし!

実は、amPlug2本体と、キャビネットとを一緒に収納できるケースが存在するのです。

これがあれば、なくす心配も無いから安心だね。

旅行にも、自宅保管のためにもおススメ!

 

VOX amPlug2 AC30はこんな人におすすめ

 

安く自宅用アンプを手に入れたい人

みなさん知っての通り、アンプを購入するとなると、それなりに費用がかかります。

長く使いたいのなら、1万円近くかかることも、、、。

でもamPlug2シリーズなら4000円前後と、比較的安い値段で買うことができます。

音も本格的なので、なんだか得した気分になりますね。

 

旅行先や出張先でもギターの練習を楽しみたい人

「家の外でもギターの練習を休みたくない!」

そんなギタリストさんたちに良いお知らせがあります!

amPlug2シリーズはコンパクトで持ち運べるので、家の外でもアンプを通したような音でギターが弾ける!

私はここが一番のメリットだと思っています。

練習しないと、やっぱりギターは上手くならないからね。

少しでもギターを弾く時間を確保したい人にもオススメのアイテムですよ。

 

アンプを鳴らせる環境にない人

「マンションで1人暮らしをしています!」

なんてギタリストさんは、近所迷惑にならないように、アンプを通してのギター練習ができていないのでは?

実は、ギターを練習するときにアンプがあるかないかで、ギターの実力に差がついてしまうのです。

ゆえに、アンプを鳴らせる環境にない人は、このヘッドホンアンプを手に入れることを強くおススメします!

 

VOX amPlug AC30のまとめ

ここまで、VOXのamPlug2 AC30についてレビューしてきました!

コンパクトなのにここまで高性能なヘッドホンアンプがあるなんて…。

もっと早く試してみたかった!

小さいからどこにでもにも持っていけてギターの練習ができるし、なによりお値段もリーズナブルなので1つ持っておいて損はないアイテムだと感じました。

 

同じシリーズの「Lead」も試してみたよ。レビュー記事はこちら!

【レビュー】VOXのヘッドフォンアンプ「amplug2 Lead」を実際に使ってみた感想 【レビュー】VOXのヘッドフォンアンプ「amplug2 Lead」を実際に使ってみた感想

 

ぜひamPlug2 AC30のすばらしさを体験してもらいたいです。

にゃんこでした。またね!