こんなに簡単なの!?アコギでブリッジミュートを弾いてみよう!

こんなに簡単なの!?アコギでブリッジミュートを弾いてみよう!

こんにちは!にゃんこです。

突然ですが、ブリッジミュートって知っていますか?

そう、右手でブリッジあたりをミュートして、ズクズクズンズンと心地よいリズムを刻むアレですね。

ブリッジミュートは、主にエレキギターで使われている奏法に見えますが、アコースティックギターでも、もちろんブリッジミュートはできます!

ということで、今回はアコギで(特にパワーコード)のブリッジミュートの方法とコツについて書いていくよ。

アコギの技術をレベルアップしたい!という方は必見です。

 


ブリッジミュートとは?

まずは、ブリッジミュートとはどんな奏法か、軽くおさらいしてみましょう。

 

ブリッジミュートとは?

上の画像、弦が終着しているところは、アコギのブリッジと呼ばれる部分でしたね。

この「ブリッジ」周辺を「ミュート」して弾く奏法なので、ブリッジミュートと呼ばれるんだ。

例えば弾き語りで、曲が静かになる部分や、リズミカルに聞かせたい部分によくブリッジミュートが使われます。

 

アコギでのブリッジミュートはどんなときに使えるの?

こちらは粉ミルクさんがアコギでカバーしている、back numberの花束という曲です。

よく聞いて(見て)みるとAメロでブリッジミュートを使っていることがわかりますね。

 

back number本人の花束と比較してみると、Aメロにはギターがおらず、静かな雰囲気となっています。

このようにアコギ1本で原曲の雰囲気を表現したいときに、ブリッジミュートは活躍するんだ。

ブリッジミュートを使う上でルールは無いので、自分の感性でここぞという時に使えば、聴いている人もクギ付けになることでしょう。

 

アコギでブリッジミュートを弾いてみよう!

アコギでブリッジミュートを弾く方法は、エレキで弾くときと変わりません。

右手で6~5弦のブリッジ周辺を抑えて、弾く。以上。

あえて6~5弦と説明したのは、6~1弦すべてをミュートする必要もないし、なによりそれは難しいから。

また、動画を見てもらうとわかるのですが、どうしても気を付けて欲しいブリッジミュートの注意点が1つあります。

それは、腕がネックによりすぎると音が鳴らなくなり、ブリッジ方向に行き過ぎると、ミュートできていない音が鳴ってしまうというもの。

ブリッジの真上より、少しネック側にズレたあたりが個人的に綺麗に鳴ると思うな。

美しくブリッジミュートが鳴らないときには、右手の位置を調節してみよう。

 

アコギでブリッジミュートをするコツ4つ

どうやってアコギでブリッジミュートをするか理解できたところで、そのコツ4つ、紹介します。

「説明どおりに弾いたのに美しく鳴らない!」という方は、この4つが出来ていないのかも?

ブリッジミュートは右手の使い方が命なので、主に右手について書いていくよ。

 

1.右手の力を抜きすぎない

ブリッジミュート初心者がやりがちなのが、右手の力を抜きすぎてしまうこと。

これでは右手をどこへ持って行っても美しいブリッジミュートは鳴らせません。

特にアコギの場合、エレキにくらべて弦が固いので、ブリッジミュートに雑音が混じるようなら、少し右手のミュートする力を強くしてみましょう。

 

2.右手のポジションを意識する

繰り返しになりますが、右手はブリッジの真上より、少しネック側にズレたあたりに固定しましょう。

ブリッジミュートが美しく鳴るのは、アコギの個体差もあると思うので、右手のポジションをいろいろと変えてみて、自分にちょうどいい所を探してみてね。

心地よい振動が伝わってくる弦がビィィーンと鳴らないようなら、ブリッジミュートが成功していると言えるでしょう。

 

3.右手が弦から離れないようにする

特に、上方向に弦をはじく、つまりアップストロークでブリッジミュートをする時に、右手が弦から離れがち。

右手が弦から離れてしまうと、ビィィーンという雑音(弦のビビりといいます)が入っちゃう。

なので、右手が弦から離れないように意識することはとても重要なんだ。

 

4.ピックを使う

意外と教えてもらえないんですが、ブリッジミュートをするときにはピックを使うべき。

指でも出来ないわけではないけど、ピックを使ったほうが圧倒的に切れ味がよくなり、リズミカルなブリッジミュートを奏でることができます。

 

アコギで弾くブリッジミュートの練習方法

ブリッジミュートができるようになるには、とにかく練習あるのみ!

まずはこのフレーズを、ビビりなく弾けるようになりましょう。

長時間ブリッジミュートしていると、右手が疲れて痛くなってきたりするので、無理せず休憩をはさみながら練習しようね。

そのうち必ず、右手がブリッジミュートに慣れてきて、痛くなくなってきます。

 

ちなみに、アコギでこの練習フレーズを弾くとこんな感になるよ。

 

アコギでブリッジミュートを弾く方法まとめ

今回は、アコギでブリッジミュートを弾く方法を解説してきました!

ブリッジミュートを使うことで、演奏にいろどりが生まれるんだね。

右手さえ上手に操ることができれば、ブリッジミュートなんて簡単なものです!

あきらめずに、毎日練習すれば、1週間くらいでできるようになるよ。

にゃんこでした。またね!