Fender ムスタングの特徴。現在入手可能なモデルを比較してみる。

Fender ムスタングの特徴。現在入手可能なモデルを比較してみる。

こんにちは、かいちょーです。

このページを見ているということはギターを買いたい。

しかもムスタングを買おうと思っていますね?

いやー、ナイスセンスです!

私もムスタングは大好きなギターの一つです。

でもムスタングって結構色々な種類があるんですよ。

サイクロンやデュオソニックと何が違うの?とか。

初心者の人だとどれがムスタングで何のモデルなのか絶対にわからないと思います。

ということで、今回は現在入手可能なムスタングについて説明していきたいと思います。

 

フェンダーのムスタングは現在日本製とメキシコ製しか販売されていない。

実はフェンダーのムスタングは日本製とメキシコ製しか作られていません。(CharさんのシグネイチャーモデルのみUSA製です)

なので、新品でムスタングを買おうとすると必然的にフェンダージャパン(Fender Made in Japan Traditional)のラインナップ、もしくはフェンダーメキシコのラインナップから選ぶことになります。

新品ではなく中古でもオッケー!という人ならヴィンテージのムスタングも検討してみて良いかもしれませんね。

 

Fender Made in Japan Traditionalシリーズ

    現在販売されている日本製のムスタングはショップオーダーの限定モデル等を除けば主に3種類存在します。

まずは、「TRADITIONAL 60S MUSTANG」です。

Fの刻印入りの白ツマミのシャーラーペグ、このモデル専用のグレイボビンのピックアップ。

65年製のムスタングのリイシューモデルですね。

ヴィンテージスタイルのムスタングなので、指板のRやフレットの大きさなどはヴィンテージに準じています。

フェンダージャパンだった頃の型番はMG-65からはじまるムスタングと同じ仕様です。

このモデルの最も大きな特徴はボディ材にアルダーボディを使っていることでしょう。

今まで発売された日本製ムスタングの殆どがバスウッドボディだったのに対して、このモデルにはアルダーが使われています。

パテントナンバー入りデカール、さらに電装関係が貧弱と言われるフェンダージャパンの中ではこのモデルだけCTS製のポットやスイッチクラフトのジャックが使われていたりと開発陣のこだわりがギュッと詰め込まれたモデルだと思います。

実は海外ではこのムスタングがFender USAのムスタングとして販売されています。

というよりもそれを見越してのCTSポットやスイッチクラフトといった仕様だったのかもしれませんね。

現在新品で購入できるムスタングの中では、私はこのモデルが一番おすすめです。

メーカー希望小売価格は90000円(税抜き)

カラーバリエーションは

Arctic white(ヴィンテージホワイト)
Surf Green(グリーン)
3-Color Sunburst(サンバースト)

以上の3色があります。

2つ目は「TRADITIONAL 70S MUSTANG」です。

フェンダージャパンだった頃の型番はMG69から始まるモデルですね。

先に挙げたモデルとの違いは、

・ボディ材がバスウッド
・ピックアップが違う
・ボディにコンター加工あり
・クルーソンペグ

という違いがあります。

この中で最も大きな違いはやはりボディ材がバスウッドという点でしょう。

バスウッド=音が悪い ではないですが、柔らかい木なのでネジ穴がダメになりやすいなどのデメリットはあると思います。

しかし素直な音が出やすく軽いという利点もあるので、このあたりはほぼ好みの問題でしょう。

おそらくですが、ムスタングにバスウッドがダメと言っている人たちはヴィンテージのムスタングにバスウッドが使われたことがないということからダメと言っているのではないでしょうか。

次に大きな違いはコンター加工の有無ですね。

ボディが脇腹に当たって痛い!弾きにくい!という人にとってはとても気にするポイントです。

このあたりは実際にお店で弾いて試してもらいたいところですね。

メーカー希望小売価格は90000円(税抜き)

カラーバリエーションは

Flamingo Pink(ピンク)
Sapphire Blue Trans(シースルーブルー)
Black(ブラック)

以上の3色があります。

 

最後に「TRADITIONAL 70S MUSTANG Matching Head」です。

ほぼ2つ目に挙げた「TRADITIONAL 70S MUSTANG」と同じです。

違いはマッチングヘッドになっているという点のみです。

マッチングヘッドとはボディとヘッドのカラーが同じ(マッチングさせている)のでマッチングヘッドと言います。

つまり見た目だけの違いですね。

メーカー希望小売価格は94500円(税抜き)

マッチングヘッドの分だけ少し値段が上がりますね。

カラーバリエーションは

Candy Apple Red(メタリックレッド)
California Blue(スカイブルー)

以上の2色があります。

このモデルを選ぶ理由はマッチングヘッドに値段差分の価値を見いだせるかでしょう。

California Blueのマッチングヘッドは実物を見たことがありますがメッチャかっこよかったですよ。

余談ですが、このモデルのCandy Apple Redのムスタングがよくけいおんのあずにゃんモデルとして取り沙汰されることがありますね。

 

Fender MEX オフセットシリーズ

メキシコ製のムスタングは日本製のムスタングとはかなり異なった仕様となっています。

これは日本ではヴィンテージスタイルが好まれよく売れるからでしょう。

日本製のムスタングに比べてモダンな仕様が盛り込まれた実用的なムスタングですね。

ボディ材はアルダーですが、ダイナミックビブラートが廃止されてハードテイル仕様、スライドスイッチがトグルスイッチになっています。

指板がメイプル指板なのも大きな特徴ですね。

また、価格も日本製ムスタングよりもグッと安くなってます。

「OFFSET Serise Mustang」

メーカー希望小売価格は64800円(税抜き)

カラーバリエーションは

Black(ブラック)
Olive(オリーブ)
Olympic White(ホワイト)

以上の3色があります。

もうひとつは「OFFSET Serise Mustang 90」

先に挙げたムスタングとピックアップと指板以外は同じ仕様です。

こちらはMP-90というFender版のP-90とも言える新しいピックアップが搭載されています。

指板は初期型はローズ指板で、現在流通しているものはパーフェローという新しい指板材になっています。

他の人とは少し違ったムスタングが欲しいという方にオススメです。

メーカー希望小売価格は64800円(税抜き)

カラーバリエーションは

Black(ブラック)
Silver(シルバー)
Torino Red(トリノレッド)

以上の3色があります。

 

その他の類似モデル

ムスタングに似たモデルとして、以下のモデルが存在しています。

とても良く似ているモデルもあるので、うっかりムスタングと間違って買わないように気をつけましょう。

Fender Cyclone(フェンダー サイクロン)」

ムスタングとの違いはダイナミックビブラートではなく、ストラトキャスターと同じシンクロナイズドトレモロが載っている点。

また、スケールがショートスケールではなくミディアムスケールになっています。

リアピックがハムバッカーになっているのも大きな特徴です。

ムスタングの正当進化版と言っても良い機種ですね。

 

Fender Duo Sonic(フェンダー デュオソニック)」

デュオソニックと言っても作られた年代や生産地によって仕様がバラバラなのですが、オリジナルの機種でムスタングと比較するのであれば、ムスタングのトレモロレスだと思ってほぼ問題ないです。

一度ヴィンテージのデュオソニックを弾いたことがありますが、音が良すぎてビビった経験があります。

※Fender MEXのデュオソニックのレビューはこちら

 

もしもムスタングを中古で探すなら

ここまで読んだけど欲しいムスタングが見つからなかった!

そういう人は中古で探しましょう。

ムスタングは特にショップの企画物や限定モデルなんかも多かったので、変わったムスタングを見つけることができると思います。

参考記事:VAMPSのハイド仕様のムスタング!「Fender Japan MG69/MH/DP」を購入したのでレビューしてみる。

今すぐデジマートに張り付くんだ!

私のオススメはMG65だ!

コンペラインが入ったモデルもかっこいいぞ!おすすめだ!

 

 

ヴィンテージのムスタングはどうなの?

ついにここまで来てしまったか・・・

ここがムスタング愛好家の終着点ですよ。

ムスタングは日本では人気がありますが、海外ではあまり人気のないギターなので、ちょっと頑張ればヴィンテージでも手が届いてしまいます。

あまり人気のない70年代のムスタングなら10万円台前半から買えます。

人気のある60年代のムスタングでも20万出せばわりと買えますね。

生産本数の少ないカラーで状態の良いムスタングでも30〜40万あれば買えてしまいます。

ヴィンテージギターの中でも比較的安いので、ヴィンテージギターの入門機として最適です。

ちなみに私も初ヴィンテージギターはムスタングでした(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?

ムスタングについての理解が深まったでしょうか?

色々と細かいことも書きましたが、あまり深く考えず気に入ったムスタングを買えば良いと思います。

ぜひ自分にとって最高のムスタングと出会ってくださいね。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた。

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪