ギターを通販で買うのはアリ?それともナシ?

どうも!かいちょーです!

今回のテーマは「ギターを通販で買うのはアリ?それともナシ?」というよく議論されるテーマです。

実はこれはなかなか難しい問題なんですよね。

というのも、都会なんかは大きな楽器屋さんがいくつかあって、同じギターでも数本在庫があって弾き比べて最高の一本を選べる!なんて話も聞きますけど、地方の楽器屋ではまずそんなにギターの在庫がありませんからね。

だからどうしても地方に住んでいるバンドマンたちには通販でギターを買うという選択肢が出てきてしまうんですよね。

ちなみに私は通販でギターを買うのは「アリ」派です。

もちろん全てのギターを通販で買っているわけではありませんが、本当に欲しいギターがあれば通販でも買うよ!ってことです。

やはり通販のメリットとしては欲しい楽器が見つかりやすいことと価格が安いことですね。

特にヤフオクやメルカリでかなり安くギターが買えるようになったので消費者にとっては実に良い時代になった(お店にとっては困るだろうけど)

もう販売されていない古いギターなんかはネットだと見つけやすくなりましたね。

さすがにヴィンテージギターなんかは価格も高いので、通販で買うのは怖いですがw

あと、意外にハードオフなんかのリサイクルショップなんかも地方では楽器屋の代わりになってる側面もありますよね。

試奏スペースがあったり、保証期間があったり。

意外にハードオフで楽器を買うバンドマンも多いんじゃないかな。

私はハードオフのジャンクコーナー巡りが結構楽しくて好きです(笑)

最近は掘り出し物もめっきり減ってしまいましたけどね。

話が少し逸れましたが。

私の意見としては、

欲しいギター(機材)が身近にないなら通販で買え!ということですね。

なぜなら私の良いギターの定義は「弾きたいと思わせてくれるギター」だからです。

通販で買うギターを買う時というのは、判断基準の中に重要な「音」が入ってないですよね。

ギタリストであれば音に拘るのは当然のことですが、私はどんなに音が良いギターと言われても見た目が格好悪いギターは弾きたいとは思いません。

当たり前ですがギターは弾かないと上達しません。

つまり弾きたいと思わせてくれるギターは結果的に自分のテクニックを上達させてくれるギターだと思っています。

だから自分が弾きたい!と思ったギターであれば通販でも買うべきなんですよ。

もちろんお店で買えるならそれが理想ですけどね。

でも良いギターの定義は人それぞれです。

色々考えて自分にとって最高の一本を手に入れてください。

ギターに限らず買う前の悩んでる時はとても楽しい時間のはずです(笑)

それではまた!

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です