【リペア】レスポールのポジションマーク・インレイの剥がれを修理してみた

【リペア】レスポールのポジションマーク・インレイの剥がれを修理してみた

こんにちは、かいちょーです。

みなさんはレスポールのポジションマーク・インレイが剥がれているのを見かけたことはありませんか?

ポジションマークには様々な素材や形のものがありますが、そのほとんどは接着剤で指板とくっついています。

経年劣化により、使われている接着剤が劣化して指板から剥がれてくることがあります。

今回、私が持っているレスポールのポジションマークが剥がれてきたので、自分でリペアしてみました。

 

ポジションマークの修理に必要な道具

ポジションマークの剥がれをリペアするにあたって必要な道具はこちら。

瞬間接着剤

できれば流し込みタイプが便利だと思います。

ゼリータイプは避けた方が良いです。

最近よく売られている小分けにされた使い切りタイプがオススメです。

 

クランプ

ポジションマークと指板の圧着に使います。

100円ショップでも入手は可能です。

複数個あるとギターのリペア作業には便利かも。

 

デザインナイフ

絶対に必要な訳ではないですが、1本持っているとギターリペアの様々な場面で役に立ちます。

ポジションマークの隙間から接着剤がハミ出た時に削る為に使います。

私はガンプラ製作用のものをそのまま使っています。

ピックガードの製作時やピックアップの皮膜を剥いだりするときなど、使用頻度の高い工具です。

 

ポジションマークの剥がれている場所の症状を確認する

これが今回リペアするレスポールの指板です。

【リペア】レスポールのポジションマーク・インレイの剥がれを修理してみた

パッと見た感じは問題なさそうですが…

【リペア】レスポールのポジションマーク・インレイの剥がれを修理してみた

こんな感じで触るとポロっとポジションマークが落ちてしまいます。

横から見ると、ポジションマーク自体が若干反っていて、指板面から浮き始めているのがわかります。

少しぐらいの浮きなら放置してても構いませんが、ポジション移動の際に指に引っかかる感じがありました。

ということで、サクッと直して行きたいと思います。

 

接着剤を塗る

こんな感じで接着剤を塗っていきます。

【リペア】レスポールのポジションマーク・インレイの剥がれを修理してみた

接着剤を塗るときのコツは塗りすぎないことです。

適当に塗るのではなく、点々塗りで等間隔で塗ると失敗しにくいです。

塗りすぎると、ポジションマークをはめ込んだときに指板表面に接着剤が出てきて、

そうなったらデザインナイフやヤスリで指板の表面処理しないといけなくなるので面倒です。

 

クランプで圧着する

【リペア】レスポールのポジションマーク・インレイの剥がれを修理してみた

ポジションマークをはめ込んだらクランプで圧着していきます。

端のほうもしっかりと圧着しましょう。

今回は瞬間接着剤を使っているので、接着にそんなに時間はかからないですが、念の為5分程度この状態で放置しました。

 

リペア完了

5分経過後、クランプを外していきます。

【リペア】レスポールのポジションマーク・インレイの剥がれを修理してみた

キレイに直りました。

接着剤をつけ過ぎなかったので指板表面に接着剤が出てこないで済みました。

弦を張って完成。

【リペア】レスポールのポジションマーク・インレイの剥がれを修理してみた

ちなみに、今回は剥がれたポジションマークが手元に残っていたからそのまま修理しましたが、たまにポジションマーク自体が無くなっている場合もあると思います。

そんな時はまずはポジションマーク を買わないといけません。

レスポールスタンダードの場合はディッシュインレイと検索すれば出てきますよ。

レスポールカスタムなんかはブロックポジションですね。

同じ形でも素材などに種類があるので、お好みのポジションマークを探してみてください。

今回はこれで終わりです。

それではまた。

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪