【改造】ジャズマスターを自分好みにカスタムしよう。

【改造】ジャズマスターを自分好みにカスタムしよう。

ジャズマスターは欠点が多いことでも有名なギターです。

でも、その欠点を補うための改造をしてジャズマスターを愛用しているプレイヤーが多いのも事実。

主にジャズマスターによく行われる改造はブリッジ周りとピックアップの交換です。

ここではジャズマスターの定番の改造について説明したいと思います。

 

ジャズマスターのブリッジ周り

ジャズマスター特有の現象として弦落ちとビビリがあります。

これの対策としてはいくつかの方法があります。

 

バズストップバーの取り付け

弦のビビりや弦落ちを防止するならまずはこれを試じてみましょう。

本体に無加工で取り付けられるので、気に入らなければすぐに取り外せるのもお手軽で良いですね。

価格が安いのも嬉しいポイント。

プロの間でも愛用者が多い改造パーツです。

見た目がちょっと変わりますが、バズストップバーが付いているほうがメカメカしくて個人的には好きだったりする。

弾き心地も若干ですが変わる気がします。

 

ムスタング用ブリッジに交換

ムスタング用のブリッジに交換するのもジャズマスターの定番改造の一つです。

ジャズマスターのブリッジサドルには少ししか溝が切られていないため、強くピッキングすると弦がズレたりします。

ムスタングのブリッジサドルは深めに溝が入っているため、強くピッキングしても弦がズレにくいです。

これも本体に無加工で取り付け可能なので、ジャズマスターのブリッジをこれに交換しているプレイヤーも多い。

 

マスタリーブリッジに交換

リプレイスメントパーツとしてはなかなか高価なパーツですが、性能は申し分なしです。

弦落ちやビビリは治りますし、サスティーンも伸びます。

関連記事:噂のパワーアップアイテム「MASTERY BRIDGE ( マスタリーブリッジ ) 」をムスタングに取り付けてみた感想。

でもやっぱり高い!

ちなみにムスタングやジャガーにも使えるよ。

 

TOM(チューンオーマチック)ブリッジに交換

TOM(チューンオーマチック)ブリッジとはレスポールに採用されているブリッジのことです。

ジャガーやジャズマスターにこのブリッジを取り付ける人もいます。(最近は少し減ってきたような気がする)

TOMを取り付ける場合は本体の加工が必要です。

信頼できるリペアショップにお願いするのが良いと思います。

TOMにすることによって、チューニングが安定し、激しいピッキングが可能になります。

弾き心地も結構変わるので好みの分かれるところ。

 

ジャズマスター用のリプレイスメントピックアップ

ジャズマスター用のピックアップは実はそんなに種類が多くありません。

おまけにネット上にもあまりレビューがないので、どれを選んだら良いのか迷ってしまう!

ということで、今までに私が使用したことのあるジャズマスター用ピックアップについてレビューしておきますね。

ピックアップ選びの参考にしてみてください。

 

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) SJM-1n SJM-1b

リプレイスメントピックアップの定番ですね。

SJM-1はこれぞジャズマスターの音!というかんじのサウンドですね。

迷った時はまずはこれから試してみてもいいかも。

悪く言えば個性がない、無難と言えるかもしれませんが、末永く付き合っていけるピックアップだと思います。

 

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) SJM-2n SJM-2b

SJM-1の出力を上げたピックアップです。

テキサススペシャルのジャズマスター版のようなかんじ。

音の感触はハムバッカーに近いかも。

ジャズマスターらしさはちょっと薄れるかもしれない、そんなピックアップ。

ジャンルの守備範囲という意味では一番広いかも。

 

Fender Pure Vintage ’65 Jazzmaster Pickup Set

本家本元フェンダーのピックアップです。

Fender USAのジャズマスターに標準で搭載されているものと同じなので、クオリティに問題はないです。

また、低価格ながらもピックアップカバー付きなのでコスパ抜群です。

サウンドもジャズマスターらしい音で、セイモアダンカンのSJM-1と似ていますが、こちらのほうがややおとなしい印象です。

SJM-1のほうがちょっと明るめのサウンドかも。

このあたりは完全に好みですね。

コスパで選ぶならこっちがオススメ。

 

LINDY FRALIN ( リンディーフレーリン ) Jazzmaster Set

私のジャズマスターに載せているのがこれですね。

レンジが広くて、低音から高音までバランスが良いところがお気に入りです。

パワーもほんの少しだけ強めで、バンドで合わせた時にちょうどいいかんじなんですよね。

個人的にはこれが一番オススメ。

こちらもピックアップカバーが付属しますが、本当に真っ白なカバーなので、ヴィンテージ感を求める人は別でカバーを用意したほうが良いかも。

 

Retro tone Pickups という選択肢

ジャズマスター界では有名なマツナミヒロキさんのRetro tone Pickupsも試してみる価値ありです。

Retro tone Pickupsはギターやベースのピックアップを製作・販売している工房です。

ここはとにかくジャズマスターへの愛情が凄い!

ピックアップのカスタムなんかもやってるそうですよ。

既存のピックアップで満足できない人は試してみてもいいかも。

Retro tone Pickups のHP

 

ハムバッカーという選択肢

ジャズマスターにハムバッカーを載せるという方法もあります。

あまりやっている人はいませんが、ハムバッカーを載せるとなると選択肢が一気に広がります。

ちなみに私はハムバッカーを載せています。

詳しくは下記を参照。

関連記事:【改造】フェンダージャパンのジャズマスターに無理矢理ハムバッカーを取り付けてみた。

良い意味でジャズマスターらしくない激しい音が出せるようになりますよ。

 

ジャズマスターのケースに注意!

実はジャズマスターは結構ボディが大きい。

そのため普通のソフトケースやギグバッグでは持ち運びが出来ないことも!

もしジャズマスターが入るケースを持っていないのであれば購入を健闘してみてもいいかも。

たとえばFenderの純正ギグバッグではFE1225という型番がジャズマスターやジャガーに対応しているケースです。

探せばもっと安いやつもあるかも。

ただ、ちょっと高いけどこのFenderの純正ケースかっこいいんだよね。

 

もっとジャズマスターを知りたい!

ここまで読んだジャズマスター好きにはぜひ読んでもらいたい本があります。

それは「ギター・マガジン 2016年8月号」です。

今までにこんなにジャズマスターを掘り下げた書籍ってあるの?っていうぐらいジャズマスターについて書かれています。

ジャズマスターを愛用しているプロへのインタビューや機材紹介など盛りだくさんな内容になっています。

ジャズマスター好きにはバイブルと成り得る書籍だと思うので、ぜひ一度手にとって読んでもらいたい一冊です。

 

ジャズマスターのカスタム・改造のまとめ

ジャズマスターのカスタム・改造についてまとめてみました。

ジャズマスターがとても改造の市街のあるギターということがわかってもらえたと思います。

本体の加工なしで改造できる部分も多いので、気になったらぜひ試してみてください。

それではまた。

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪