中古のギターやベースってどうなの?買う時にチェックするべき5つのポイントを紹介!

中古のギターやベースってどうなの?買う時にチェックするべき5つのポイントを紹介!

どうも!かいちょーです。

楽器に限らず中古品を買うのって少し抵抗があったりしませんか?

でもお買い得だったり、どうしても中古でしか手に入らないギターがあったり…。

ということで、今回は中古ギターを買う時の注意点をまとめてみました。

中古ギター選びの参考にしてみてください。

 

1.フレットの残りを確認する

ギターに限らずベースでもフレットの残りは十分に確認するべし!

フレットは消耗品なので減るのは仕方ないですが、減ってくると音程が合わなくなってきたり弾きにくくなったりします。

フレットが減ったら擦り合わせをしたり、打ち替えたりするのですが、これが結構な費用が掛かってしまいます。

フレットの擦り合わせで80000~10000円ぐらい。

フレットの打ち替えで3~50000円ほどの費用が掛かってしまいます。

せっかくお得にギターを買いたいから中古を選択したのに、買ってすぐにリペア行きになったら全然お得じゃないですよね。

中古でギターを買ったけどメンテナンス費用がかさんで新品とほとんど変わらない値段になってしまった!

なんてこともあり得る話なので注意しましょう。

 

2.ネックの反りを確認する

ネックの状態は弾き心地、弾きやすさに最も関係してくる部分です。

キッチリとチェックしましょう。

とは言ってもまともな楽器屋さんであれば販売する前に最低限のネック調整はしているはずなので、ネックの状態の見方がわからない初心者でも大丈夫です。

問題はヤフオクやメルカリで中古のギターやベースを買う場合ですよね。

この場合は実物を見ることができないので、自分が納得できるまで出品者に質問してみましょう。

どうしても商品の状態に納得できない場合は購入を諦めたほうが無難です。

トラスロッドが回りきっているネックのギターやベースを掴んでしまったら大変ですからね。

もしトラスロッドが回りきったギターを購入してしまった場合、ネックの調整ができなくなってしまいます。

個人売買の場合は出品者自身がよくわかっていないこともあるので、そういった点ではやはり楽器店で購入するほうが無難ですね。

 

3.電装関係の動作を確認する

エレキギターやエレキベースの電装品は消耗品です。

電装パーツのトラブルは意外と多いので中古を購入する際はよく確認しておきましょう。

  • 例えばジャックが緩んでいないか?
  • ポットが固着して固まってたり、逆にユルユルしていないか?
  • ノイズが異常に多かったり、ピックアップがちゃんと音を拾っているか?

などの項目はチェックしておくと良いでしょう。

多少の知識と技術とやる気があれば電装系は自分で直せますが、機械が苦手な人にはかなり難易度が高いのでオススメしません。

素直に楽器屋に持っていきましょう。

まあこの辺りもまともな楽器屋さんではメンテナンスをしてから販売していると思いますのでそこまで心配しなくても大丈夫な部分ですね。

ヤフオクやメルカリなどの個人売買をする際には気をつけておきましょう。

 

4.本体の傷を確認しよう

中古のギターは見た目はきれいでも、よーく見ると細かな傷や汚れがあったりすることもあります。

気にならない人はあまり気にならないでしょうが、傷や汚れが気になる人は納得できるまでチェックしましょう。

ちなみに私は使っていくうちにギターは傷ついていくものだと思っているので、あまり傷や汚れは気にしないほうですね。

傷や汚れがあるほうがレリックのような雰囲気があって好きという人もいるし、このあたりは個人の好みも関係してきますね。

微細な傷であればギターようのポリッシュで磨けばかなり綺麗な状態にできますよ。

 

5.付属品を確認する

基本的に新品でギターを購入した場合は、ケースがセットで付いてきますよね?

中古品の場合、たまに本体のみでケースが別売りというパターンがあるので注意しましょう。

また、六角レンチやアーム、保証書や認定証などが付いているギターもあるのでこちらも合わせてチェックしておきましょう。

 

6.出音と弾きやすさを確認する

やはり音が最も大事な要素です。

アンプに繋いで弾ける環境であれば、絶対にアンプに繋いで弾いてみたほうがいいです。

自分が弾くのが恥ずかしいのであれば、店員さんに弾いてもらったり、楽器に詳しい友人を連れて行って弾いてもらってもいいでしょう。

やはり弾きやすいギターのほうがテクニックの上達スピードも変わってくると思います。

また、実際に持ってみて重いと感じるギターは避けたほうが良いと思います。

重量が重いほうが良い音がする!サスティーンが伸びる!という人たちも居ますし、私も絶対的ではないですが重いギターのサスティンは長い傾向にあると思います。

ただ自分の中での優先度の問題で、私は軽さ=使いやすさだと思うので、重過ぎるギターは避けるべきだと思います。

 

メルカリのギターってどうなの?

最近流行りのフリマアプリでもギターやベースが結構出品されていますよね。

中には結構珍しいものや掘り出し物があったりします。

個人的にはメルカリで楽器を購入することは結構アリなんですが、利用するに当たっての注意点もあります。

 

商品説明をよく読む

商品についての説明を詳しく書いてくれている出品者もいれば、ほとんど説明がない出品者もいます。

トラブル防止のためにも説明文ではわからない部分や、写真に写っていない部分は納得するまで質問しましょう。

付属品についても忘れずに聞いてください。

楽器屋のような対応を期待するのはそもそも間違いです。

決して安い買い物ではないので、納得するまでコメントでやり取りしましょう。

 

メルカリのギターの送料について

メルカリはヤフオクと違って送料込みで出品している人のほうが多いです。

なので送料込みの場合は購入する側は送料について考える必要はありません。

問題は着払いの場合ですよね?

ギターは梱包の仕方によって多少変わりますが、

ゆうパックの場合は170サイズでクロネコヤマトの宅急便の場合は160サイズで発送することになります。

送料はだいたい2000円~2500円ぐらいだと思っていれば大丈夫でしょう。

ただし、沖縄県のような離島の場合は4000円ぐらいかかることもありますので、注意しましょう。

 

メルカリでお得にギターを買うには

メルカリなどのフリマアプリでは、値下げ交渉が当たり前のように行われています。

欲しいギターがあれば値下げ交渉をしてみるのもアリです。

ただ、あまりにも大幅な値下げ交渉をする人や、無料でくださいなどと言う人もいるため、出品者がウンザリすることも。

値下げ交渉をする場合は常識の範囲で行うようにしましょうね。

また、相手も人間なのでコメントのやりとりは丁寧に行いましょう。

たまに居ますが、決して暴言や煽りコメントはしないように!

もしまだメルカリを使ったことない人がいれば私の紹介コードを使ってみてください。

→紹介コード:UFXQZV

300円分のポイントがもらえるのでお得に買物できますよ。

 

中古楽器の買い方 まとめ

新しく楽器を買う時はワクワクするものです。

せっかくなら買った後もワクワクしたいですよね。

中古のギターやベースを買う時は今回紹介した内容を参考にして選んでみてください。

それと最後にひとつだけ。

よくジャンクコーナーでお宝を見つけた!という人が居ますね。

しかし基本的にハードオフやリサイクルショップなどにあるジャンク品は初心者の人は手を出さないほうが無難です。

やはりジャンク品の楽器は何かしらの修理やメンテナンスをしないと使えないものが多いです。

もちろん中には掘り出し物もあると思いますし。

私も実際にジャンク品の中からお宝を見つけたこともあります。

知識もなく目利きもできない初心者では安物買いの銭失いになる可能性が非常に高いです。

それでもジャンク品を買うという場合は覚悟を持って自己責任で購入してくださいね。

それではまた。

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です