【レビュー】コスパが良すぎたのでFender Player Seriesのジャガーも買っちゃいました!

【レビュー】コスパが良すぎたのでFender Player Seriesのジャガーも買っちゃいました!

こんにちは、かいちょーです。

先日購入した、FenderのPlayer Seriesのストラトキャスターがすごく使いやすかったので、同じシリーズのジャガーも買っちゃいました(笑)

【レビュー】FenderのPlayer Stratocasterって安いけど使えるの?評判は? 【レビュー】FenderのPlayer Stratocasterって安いけど使えるの?評判は?

 

今回購入したギターは、「Fender Player Jaguar PF」です。

PFはパーフェロー指板の略だと思います。

このPlayer Seriesのジャガーはネット上にもあまりレビューの記事も見当たらず、購入を検討している人も多いと思います。

結論から言うと、『買ってよかった!』!のひとこと。

前回購入したストラト同様、このPlayer Seriesのジャガーもかなり使いやすくコスパの良いギターに仕上がっていましたね。

ということで、今回はPlayer Seriesのジャガーをレビューしていきたいと思います。

 

Player Seriesのジャガーの特徴

じつはジャガーって、Fenderのギターの中では結構価格が高いギターなんですよ。

ストラトやテレキャスに比べると、1~2万円ぐらい高かったりします。

でも、FenderのPlayer Seriesは、とにかくコスパの良いシリーズ。

あらゆる人にオススメできる、近年のFenderの中でもオススメのシリーズです。

価格的にも性能的にも初心者の最初の一本にピッタリ!

ある程度ギターが弾けるようになった人が2本目や3本目に購入を検討するのもOK。

とにかくジャガーが欲しい!っていう人にもおすすめできますね。

すり合わせ?交換?ギターのフレット削れる原因と対処法はこれ すり合わせ?交換?ギターのフレット削れる原因と対処法はこれ

オリジナルのジャガーとの違い

Player Seriesのジャガーは、オリジナルのジャガーと違って使いやすくなるように現代的なアップデートが施されているんですよ。

ここではそのアップデートの内容を説明していきますね。

 

リアがハムバッカーになっている

まず目につくのがここ!

普通のジャガーはフロント、リア共にシングルコイルのピックアップが搭載されています。

しかし、プレイヤーシリーズのジャガーはリアにハムバッカーを搭載。

もともとジャガーをハムバッカーに改造して使用するプレイヤーも多かったので、使いやすくするために公式でデフォルトにしたのかもしれませんね。

そのため見た目はもちろん、サウンド的にも他のシリーズのジャガーとは一味違う仕上がりになっています。

リアハムのおかげで、ジャガーが苦手だった激しい感じのギターサウンドも簡単に出せちゃうよ。

 

スイッチが使いやすくなってる

オリジナルのジャガーって、ピックアップセレクターやプリセットスイッチなんかがちょっと複雑な仕組みになっているギターなんですよ。

ジャガーを所有したことない人が初めて手にすると、たぶん意味不明です。

この点、Player Seriesのジャガーはかなりシンプルなつくりになっています。

初めてジャガーを持つPlayerでも違和感なく操作できるようにまとめられている。

 

フラットな指板と大き目のフレット

オリジナルのジャガーに比べ、Player Seriesのジャガーはフラットな指板と大きなフレットのおかげで、演奏性が高くなっています。

モダンな仕様のギターに多くみられる仕様ですが、ほとんどの人が弾きやすさを体験できるのではないでしょうか。

ぜひ一度、このフィーリングを体験してもらいたいです。

 

ジャガーの弱点『弦落ち』について

ジャガーには、強くピッキングするとブリッジのサドルから弦が落ちてしまう『弦落ち』という問題がよく起こります。

これには主に2つの理由があって、

  • ジャガーやジャズマスターなどのブリッジサドルの溝が浅いこと
  • ブリッジとネックの角度の問題で弦のテンションが稼げないこと

以上の理由から、激しいピッキングをするギタリストを悩ませる問題があるんですよ。

でも、このPlayer Seriesのジャガーはブリッジのサドルの溝がやや深めに切られています。

そのため、いまのところは一度も弦落ちが発生していません。

こういうプレイヤーが気になる部分を公式が対策してくれるのはありがたいですよね。

 

「Player Seriesのジャガーでも弦落ちしちゃうよ~」という人は、バズストップバーを装着するといいですよ。

簡単に弦落ち対策ができてしまいます。

弦落ちだけでなく、ジャガーやジャズマスター特有の嫌な感じのビビりなんかも解消できます。

ジャズマスターの弦落ちで悩んでいる人にもオススメ。

ギター本体に加工の必要もないので、気軽に試してみてね。

 

Player Seriesのジャガーはカラバリが多い!

FenderのPlayer Seriesのラインナップはカラバリがとても多いです。

お気に入りの色が見つけやすいのもPlayer Seriesのジャガーの良いところ。

 

個人的には、このタイドプールという青系のカラーは最後までサンバーストと迷ったカラーです。

この色めっちゃカッコよくないですか?

 

 

Fender Player Series Jaguarのまとめ

いかがでしたか?

ジャガーって、なんかスイッチがいっぱいあって使い方がよくわからないし、ほかのギターよりも価格が高い!

しかし、Player Seriesのジャガーは、オリジナルのジャガーの使いにくい点や弱点を改良した『使えるジャガー』に仕上がっています。

そのうえ、販売価格が安いので、Fenderのラインナップの中ではかなりコスパのよい機種になっています。

初めての一本としても、サブギターとしても十分過ぎるスペックと性能です。

ある意味では、優等生過ぎてジャガーらしくないと思ってしまう人もいるかもしれないレベル。

でも、『使えるジャガー』が欲しい人は、Player Seriesのジャガーが安くてマジでオススメだよ。

2020年現在、新品で一番安いFenderのジャガーは間違いなくこれです。

ぜひ購入を検討してみてください。

それではまた!

The following two tabs change content below.
「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪