【レビュー】日本製Fenderのイノランモデルのジャズマスターが最高過ぎた件

【レビュー】日本製Fenderのイノランモデルのジャズマスターが最高過ぎた件

こんにちは。

結構ひさしぶりに新しいギター買っちゃいました。

タイトルにあるとおり、ルナシーのギタリスト、イノランモデルのジャズマスター。

ちょっと前にFenderのカスタムショップで数量限定で販売されていたものを、

Fender Made in Japan製として復刻されたものです。

日本製になったおかげで、価格もかなりリーズナブルになりました。

もうこれは買うっきゃない!っと思って。

で、実際に弾いてみたら、

ムチャクチャええやんけ!ってなりました笑

ということで、今回はINORANのシグネイチャーモデル「INORAN JAZZMASTER」をレビューしていきます。

Fender(フェンダー)
¥122,222 (2021/10/14 04:22:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

INORAN JAZZMASTERの仕様・見た目

とにかくルックスが最高!

超カッコよくない?

黒のボディにゴールドアノダイズドピックガードっていう組み合わせがもうね。

この見た目がまず最高。

ルナシーのファンでなくても思わず目に止まってしまうルックスだと思います。

レスポールカスタムしかり、黒と金の組み合わせってなんでこんなに心惹かれるのだろうか。

ちなみにボディ材はアルダーで、塗装はポリフィニッシュ。

最近の日本製Fenderのジャズマスターはバスウッドを使っているのが増えているから、アルダー材の使用はうれしい。

塗装に関しては、INORAN本人のものはラッカー塗装だけど、使いやすさやで考えたらポリ塗装でも個人的には全然OK.

気兼ねなく、ガンガン使ってあげられます。

 

ネックが超絶握りやすい

持った瞬間に、「あ、握りやすい!」って思いました。

なんかしらないけどメチャクチャしっくりくるネックなんですよこれ!

太くもなく、細くもない絶妙ネック。

気持ちやや細いかな〜ってかんじかな。

なんでもINORAN本人が使用している、

「INORAN JAZZMASTERR #1 LTD」を基につくられているとか。

今まで弾いたジャズマスターの中で一番しっくりきたかも。

フレットはヴィンテージタイプのスモールタイプで21フレット。

モダンなタイプではないです。

あくまでヴィンテージ準拠ということでしょう。

 

バズストップバーを標準装備

ジャズマスターは、ブリッジのコマがピッキングの時に共振・共鳴してしまう現象がよく起きます。

で、これを解消するためによく使われるのがバズストップバーです。

 

こういうやつね。

ジャズマスター愛用者の中では有名なパワーアップアイテム。

これ単品で購入すると、だいたい3000円ぐらいするんだけど、

INORANモデルのジャズマスターには、最初からこれを装備。

おかげで、強くピッキングしても弦落ちや共振を気にすることなく快適に演奏することができる。

 

Fender USA製ピックアップを搭載

Fender純正の「AMERICAN VINTAGE 65 JAZZMASTER PU」を搭載。

まさにイメージ通りのジャズマスターサウンドが出てきます。

 

単品でも売られてるやつと同じ。

USA製のヴィンテージ系ジャズマスターに載っているのはほぼこれ。

日本製Fenderのジャズマスターに標準で載っているピックアップって、

ちょとストラト寄りのサウンドなんですけど、

このINORANモデルはそんなことなく、まさにジャズマスターの音が出せますね。

 

Fender ブラックフェイス・アンプノブ

INORANモデルは、ボリュームとトーンのノブがフェンダーのアンプのノブになっています。

 

ジャズマスターだけじゃなくて、テレキャスに付けたりする人もいますね。

僕もこのデザインのノブは大好きです。

 

プリセットスイッチはノーマルのまま

日本製FenderのINORANモデルが、カスタムショップ製のINORANモデルと決定的に違う点はここ。

プリセットスイッチの向きが、

  • カスタムショップ製は縦方向に
  • 日本製は通常のジャズマスターと同じ向きに

動くようになっています。

唯一の惜しい点ですね。

ただ、普通に使う分にはとくに問題はないと思います。

少なくとも僕はとくに不満には感じていないです。

 

INORANモデルは軽い?

ジャズマスターってギターの中でも大きめなので、重量が思い個体が結構あるんですよ。

でも僕が購入した個体はジャズマスターにしてはかなり重量が軽い。

まあ個体差かもしれないけど、お店で実際に他のINORANモデルを持ってみたときも軽かったんですよね。

意図的に軽いボディを使っているのかも?

だから軽いジャズマスターを探している人にもオススメ。

ジャズマスターは重いから諦めたって人がいれば一度試してみるといいよ。

 

INORANモデルのジャズマスターの価格は?

お値段は 162,800(税込) と日本製Fenderの中ではなかなかのお値段。

実売価格で13~14万円ぐらいかな。

それでもカスタムショップ製のINORANモデルが40万円以上で売られていたから、

お値段的には1/3ぐらいかな。

同じ日本製Fenderの普通のジャズマスターが実売10万円ぐらいだから、

買った後で色々と改造するつもりだったらINORANモデルを買ったほうがお得かも。

アルダーボディにUSA製ピックアップ、バズストップバーを装備。

おまけに付属のギターケースは厚手のFender デラックスギグケース。

そう考えたら結構コスパも良いのかもしれない。

 

Fender INORAN JAZZMASTER のまとめ

今回購入した「INORAN JAZZMASTER」

控えめに言って、メチャクチャ気に入ってます。

良いギターだなーっていう所有感もやばい。

早くライブで使ってみたいと思ってます。

INORANモデルの良いところは、

ちょっと見た感じでは、アーティストモデルには見えないところ。

もちろんルナシーやINORANのファンには一発でわかられちゃうけど(笑)

使えるジャズマスターを探している人には、INORANモデルはマジおすすめだよ。

あちょ、米津玄師もライブでINORANモデルのジャズマスターを使ってたみたい。

多分あっちはカスタムショップ製だろうけど。

だから米津玄師のファンにもおすすめなんじゃないかな。

Fender(フェンダー)
¥122,222 (2021/10/14 04:22:55時点 Amazon調べ-詳細)
The following two tabs change content below.
「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪