【レビュー】hideモデルのアンプ内蔵ミニギター『イエローハートJr』を買ってみた

【レビュー】hideモデルのミニギター『イエローハートJr』を買ってみた

こんにちは、かいちょーです。

今日はX JAPAN(エックスジャパン)のギタリストのhideモデルのギターのミニギターを紹介したいと思います。

このギター、見ての通りド派手な見た目をしています。

『イエローハート』の愛称で呼ばれるギターで、hideモデルのギターの中でも最も有名なギター。

そのミニサイズになります。

現在でも販売はされつづけており、ミニサイズのギターの中ではかなりの売れ筋モデルだと思います。

 

イエローハートJr.の見た目・特徴

hideのモデルは、ギターとしてはちょっと変わった形ですが、元々はB.CリッチというギターメーカーのMGシェイプ(通称モッキンバード)をイメージして作られたギターです。

このギターの正式な型番は、『Burny MG Yellow Heart Jr. 』

フェルナンデスのBurny(バーニー)ブランドから発売されています。

単なるhideのファンアイテムではなく、ミニサイズでありながらもギターとしてかなりこだわった仕様になっていますよ。

 

ピックアップを2つ搭載

イエローハートJrは、ミニサイズのギターでありながらフルサイズのハムバッカーを2つ搭載しています。

しかもピックアップセレクターで切り替え可能。

これのおかげで、普通のギターに負けないぐらいのパワフルなサウンドを出すことができます。

フルサイズなので、他のメーカーのピックアップとも無加工で交換することが可能です。

 

スピーカー内蔵

電池式のスピーカーがボディに内蔵されているので、アンプなしで音が出せます。

 

電池は裏蓋を開けることで交換が可能。

プラスドライバーが1本あれば交換できるので簡単です。

 

黒いハートの部分がスピーカーになっています。

小さなスピーカーに見えますが、結構な音量が出ます。

アパートやマンションで全開にすると近所迷惑になるかもしれないのでご注意を!

もちろんシールドジャックも付いているので、ギターアンプにつないで普通のギターアンプに繋いで演奏することも可能です。

また、このギターはシールドを差している間に電池を消費する仕組みになっているので、弾かないときはシールドを抜いておくことを忘れないようにしておきましょう。(ZO-3とかも同じ仕組み)

 

ギターケースもhide仕様に!

イエローハートjrには、専用のギターケースが付属しています。

このケースのデザインもファンならニヤリとするデザインになっていますよね。

 

『hide with Spread Beaver』のロゴとか超懐かしい!

超流行ってませんでしたか!?

 

普通のギターと大きさを比較してみた

『イエローハートJr』という名前のとおり、普通のギターよりもミニサイズです。

ということで、普通のギターと大きさを比較してみました。

 

比較してみるとこんなかんじ。

どうでしょうか?

けっこう小さくて、『おもちゃ感』があります。

子どもが持つギターとしても良さそうなサイズ感だと思います。

 

フェルナンデスといえば、ZO−3などのミニギターも有名。

【レビュー】初心者から上級者まで楽しめるミニギターはフェルナンデスのZO-3(ぞーさん)でしょ! 【レビュー】初心者から上級者まで楽しめるミニギターはフェルナンデスのZO-3(ぞーさん)でしょ!

ZO-3と基本的な構造は同じなんでしょうけど、hideモデルはMGシェイプのギターをうまくデフォルメしたデザインになっていますね。

 

ミニギターってライブで使えるの?

『イエローハートJr.でもライブで使えるのかな??」

私も初心者の頃に、ミニギターでもライブの演奏で使えるのかな?って疑問に思ってました。

結論から言うと、『ライブでも使えるけど、わざわざ使わない』ということだと思います。

というのも、後述しますがミニギターにはいくつかの欠点がありますし、普通サイズのギターのほうがステージに持って立ったときに単純にカッコイイですしね。

どうしてもライブで使うなら、「この1曲だけこのギターで演奏する!』みたいな限定的な使い方が現実的かもしれませんね。

ただ、ミニギターも悪いところしかないわけではなくて、小さくて軽いから、持ち運びに便利なことや、立って弾いていても疲れにくいといった利点もありますよ。

 

ミニギターの欠点

普通のギターに比べて、ミニギターにはいくつかの欠点があります。

 

チューニングが甘い

このモデルに限らず、ミニギターにはチューニングが甘くなってしまうという欠点があります。

どうしてもスケールが短くなってしまう関係でチューニングが甘くなりがち。

 

サスティーン(音の伸び)が短い

やはりサスティーンの面でも普通のサイズのギターには負けてしまいます。

どうしても大きいサイズのほうが質量も大きくなるので、音の伸びが良くなる傾向にありますね。

 

フレットの間隔が狭い

スケールの関係上、フレットの間隔が狭くなるので指が太いとスペースが足りなくて押さえづらくなります。

とくにハイポジションではその傾向が顕著に表れます。

女性や子どもが弾く分には問題ない部分かもしれないですね。

 

インテリアにもグッド!

hideモデルって、ギターが弾けない人がインテリアに買うのでも全然アリなギターですよ。

見た目が派手だし、hideやX JAPANが好きな人が見たら一発でわかってしまうという(笑)

とくにこのミニサイズのイエローハートはオリジナルサイズに比べても価格もミニなので、ファンアイテムとしても買いやすいですよね。

小さいので、部屋に置いてもあまりスペースを取らないのも地味に嬉しい。

 

hideモデルのミニギター イエローハートJr. のまとめ

いかがでしたか?

イエローハートJr.は小さいけれど、派手な見た目で存在感抜群のギターです。

X JAPANやhideのファンだった世代なら、部屋に置いてあるだけでニヤニヤしてしまうギターじゃないでしょうか。

私はこのミニサイズのイエローハートを弾いていると、普通のサイズのほうも欲しくなってしまいます(笑)

両方揃えて並べたくなりますよね。

フェルナンデスって、昔からこういう遊び心のあるギターをたくさん作るイメージ。

ZO-3とかもフェルナンデスが作ってるし。

【レビュー】初心者から上級者まで楽しめるミニギターはフェルナンデスのZO-3(ぞーさん)でしょ! 【レビュー】初心者から上級者まで楽しめるミニギターはフェルナンデスのZO-3(ぞーさん)でしょ!

 

個人的にとても好きなので、こういった商品は作り続けて欲しいものですね。

それではまた。

The following two tabs change content below.
「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪