書籍「BOSS GT-1の教科書」をレビュー。内容の濃さにビックリ!!

どうも!こんにちは!かいちょーです。

最近発売された書籍「BOSS GT-1の教科書」を買ってみました。

私は持っていないのですが、以前同社(シンコーミュージック)から2014年に発売されていた「GT-100完全攻略編」が物凄く評判が良かったらしくて、今度同じような書籍が出たら買おうと思っていました。

ちなみに「GT-100完全攻略編」はすでに在庫はなく完売しており、ヤフオクやメルカリで高値で取引されているぐらい今だに人気の書籍です。

さて、とりあえず「BOSS GT-1の教科書」読んでみた感想ですが…

とにかく内容が濃いです(笑)

まず、書籍の中ではプロギタリストの中野豊さんが事細かにGT-1にの使い方について丁寧に解説してくれています。

それでいて決してマニアックな内容だけではなく、基本的な知識も初心者の方にもわかりやすく解説してくれていると思います。

BOSS以外の歪みエフェクターに関するトリビアや、BOSSのアンプモデリングの元になったオリジナルアンプについての記述なども、実際に実機を使用してきた中野豊さんならでは視点で書かれていて面白かったです。

この点はもしGT-1を所有していなかったとしても、純粋に読み物として面白いです。

この書籍は基本的にはGT-1の操作についての本なのですが、ライブでの使い方や、自宅での使い方など、それぞれ違う環境での使い方にも言及しています。

また、GT-1に付属のマニュアルを読んだだけではわからないであろうパラメーターや、ツマミの動き、COSM AMPモデルのBOSSオリジナルモデルの特徴、外部フットスイッチによるGT-1の拡張性とその使用例などなど。

特に外部スイッチでの拡張のくだりは必見ですね。凄くためになりました。

この書籍に書かれている内容は、GT-1のみならず、GT-100やGT-1000、MEシリーズなど他のBOSSのマルチエフェクターにも応用できそうな内容です。

BOSSのGT-1は初心者から上級者の人まで納得できる最高のマルチエフェクターの1つだと思いますが、GT-1を買う時は一緒にこの「BOSS GT-1の教科書」を購入することをオススメしますよ。

関連記事:BOSS GT-1は最強のマルチエフェクターだ。


「BOSS GT-1の教科書」
を片手に音作りするとGT-1を何倍も楽しめるんじゃないかな。

絶版になっている「GT-100完全攻略編」みたいになる前に、興味のある人は買っておいても損はないかも。

ということで、それでは、また!

BOSS GT-1の教科書

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪