【コラム】ギターやベースの色の種類について。人気のあるカラーと不人気のカラーは何色だ?

【コラム】ギターやベースの色の種類について。人気のあるカラーと不人気のカラーは何色だ?

どうも、かいちょーです。

みなさんは何色のギターやベースを使っていますか?

定番のサンバースト?

クールなブラック?

派手なレッド?

ゴージャスなゴールドトップ?

ギターやベースには実に様々なカラーがありますよね。

みなさんはどんな愛機は何色ですか?

ファッションと一緒でギタリストの使うギターの色というものは個性が出やすい部分の1つだと思います。

今回はみなさんがギターやベースを購入するときに最も気にするポイントの1つである「色」に付いて書いていきたいと思います。

 

ギターで人気のカラーは?

そもそも楽器において人気の色とはどんな色なのでしょうか?

お店の名前は出せませんが、ちょっと知り合いの楽器屋さんに直接聞いて調べてきました。

店員さん曰く、最も良く売れるギターの色はサンバースト系のカラーだそうです。

 

まあこれは納得ですね。

ギターといえばサンバーストカラーと言っても良いぐらい楽器屋さんにも置いてありますし。

漫画やアニメなんかで登場するギターやベースも良くサンバースト系が多いような気がします。

ほぼ全ての種類のギターのカラーチャートにもラインナップされている色だともいえます。

そもそもサンバーストカラーしか存在しない機種なんかもありますし。

サンバースト系のカラーの次に人気なのがブラック系のカラーだそうです。

これはやはりシンプルにカッコイイことと、服装やジャンルを選ばない汎用性の高さからきているのでしょうかね。

悪く言えば無難とも言えますが、カッコイイからしょうがないですよね(笑)

 

ギターで不人気のカラーは?

それでは逆に不人気なカラーとは何色何でしょうか?

またしても顔なじみの店員さんに聞いてみました。

その結果、なんと圧倒的に不人気な色は黄色系のギターだそうです。

 

・・・はい。でも私が一番好きな色でもあります(笑)

「なんでだよ!黄色いギターはカッコイイじゃねーかよ!!」

という怒りの声が飛んできそうですが・・・

でも、これにはちゃんとした理由があると個人的には思っています。

それは、そもそも黄色いギターやベース自体数が少ないということです。

黄色いギターって聞いて何が思い浮かびますか?

レスポールジュニアとムスタングぐらいしか思い浮かばなくないですか??

 

つまり黄色いギターがあまり売れないのはそもそもギター自体の数が少ないからですよきっと!

え?そもそも人気がないから作られていない可能性が?

うーん、どうなんでしょう。

黄色いギター、私はめっちゃカッコイイと思うのですが・・・。

ステージ映えもすると思うし。

まあちょっとオモチャみたいと言われれば確かにそうですが。

でも人と被りにくいからいいかな。

黄色の次に売れにくい色はピンク系だそうです。

 

まあこれは納得かな。

多分男のギタリストはあまりピンクのギターを買おうと思わないだろうし、買うとしたら女の子だろうし。

でも女性ギタリストはまだまだ少ないしね。

 

おすすめのギターの色は?

ここまでは人気の色と不人気な色に紹介しました。

「それでは結局何色のギターを賈うのがいいの?」

一番良いのは、自分が好きな色のギターやベースを買うってことなんだけど、それができていたら今この文章は読んでいないですよね(笑)

はい、そんな悩めるあなたに個人的にオススメの色をご紹介します。

 

カッコ良さを求めるなら断然黒!

絶対に一本は持っておいてもそんはしない色です。

やはり黒はシンプルにカッコイイ色ですし、男の子でも女の子でも似合います。

若い人でもオッサンでも似合わない人はいないと言っても過言ではない色でしょう。

フェンダー系にもギブソン系にもほとんどの機種に設定されているカラーなので、様々な機種から選ぶこともできます。

ということで、迷ったら黒で良いと思いますよ。

定番の色なので、後で楽器を売却するときも買値が落ちにくいし、買取相手が見つかりやすいよ(笑)

 

オシャレを極めるなら青系の色で!

個人的に青系の色はとてもオシャレに見えるギターの色だと思います。

レイクプラッシドブルーならラメが入っているのでステージの照明にも映えますし、ソニックブルーやサーフグリーンならポップな感じで女の子でも可愛いと思います。

ギブソン系ならそもそも青系の色が珍しいので、なかなか人と被りにくいのではないでしょうか?

よく派手な色のギターは飽きが来やすいと言われますが、青系のカラーは派手過ぎず地味過ぎずで飽きが来にくいカラーだと思いますよ。

 

木目が美しいシースルーカラー

木目が見える色はとても美しいギターが多いです。

その分価格が高いギターも多いですが、実物を見たときの美しさは思わず息を飲むほど。

素朴なナチュラルフィニッシュやオイルフィニッシュも良いですね。

木目が見えるギターやベースの良いところは、一本ずつ木目が違うということです。

つまり、全く同じギターは存在しないということです。

これは個性を出したいプレイヤーにとては嬉しいポイントですよね。

木目が見えるギターを買う時は、同じギターやベースでも納得いくまで実物を見て選んだ方が良いですよ。

自分の気に入る木目に出会えるといいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「色」という視点からギターやベースを考えてみました。

楽器を購入する際の参考になれば幸いです。

ただ、正直なところそこまで深く考えなくても良いと思います。

確かに楽器を購入するとなった場合、そこそこ大きな金額の買い物になることが多いです。

しかし、おそらくみなさんが次に買うギターやベースが人生で買う最後の一本というわけではないはずです(笑)

なので気にせず好きな色の楽器を買いましょう。

ということで、今回はここまで。

ギターやベースの購入の背中を押せたのなら幸いですw

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪