【レビュー】最も小さいビッグマフ!ELECTRO-HARMONIX Nano BIG MUFF Pi【ファズ】

【レビュー】最も小さいビッグマフ!ELECTRO-HARMONIX Nano BIG MUFF Pi【ファズ】

どうも、かいちょーです。

最近、エフェクター業界にも「小型化」のトレンドが押し寄せて来てますね。

いろいろなエフェクターが小型化されて発売されている気がします。

その中でも割と早い段階で小型化されたこちらのペダル。

はい、ファズの代名詞「ビッグマフ」です。

だいぶ小さくなりましたよね(笑)

このペダルの正式名称は「Nano BIG MUFF Pi(ナノ ビッグマフ パイ)」

ビッグマフにはアメリカ製とロシア製の二種類が存在しますが、このペダルはアメリカ製のビッグマフをベースに小型化したものになります。(生産国は中国)

ナノなのにビッグというちょっと矛盾したネーミングがエレハモらしいですよね(笑)

 

Nano BIGMUFF Piのサウンド

基本的にはアメリカ製のビッグマフを小型化したものなので、サウンドもほぼアメリカ製のビッグマフと同じです。

ツマミの数もオリジナルと同じ、ボリューム、トーン、サスティンの3つです。

ディストーション寄りのファズみたいなジューシーな歪み方をします。

ですが、全く同じというわけでもないです。

基本的なサウンドのキャラクターは似ていますが、どちらかというとナノのほうが少しおとなしく使いやすいサウンドな気がします。

悪く言えば音の暴れ方が足りないみたいな?

ただ、普段からビッグマフを愛用している人なら違和感なく受け入れられるレベル。

私はオリジナルのビッグマフも持っていますが、ナノも気に入りましたよ。

というか、ペダルボードの省スペース化になるので、最近はずっとこちらをボードに入れています。

主に、ソロやリフでガツンとした音が出したいときに踏むといった使い方をしています。

ビッグマフらしい、甘くて太い音圧のある音が出せますよ。

 

どれくらい小さくなったの?

オリジナルと比べてかなり本体のサイズが小さくなったナノマフです。

実際、どのくらい小さくなったのか?

BOSSのコンパクトエフェクターと比べてみるとこんなかんじです。

 

最も小さいビッグマフ!Nano BIG MUFF をレビュー!

どうですか?かなり小さくなったでしょ?

見てのとおり、BOSSのコンパクト・エフェクターよりも一回り小さいです。

MXRやZ.VEXのエフェクターと同じ筐体サイズと言ったほうがイメージしやすいかも

小型化のおかげでエフェクターボードにかなり組み込みやすくなりました。

ビッグマフをエフェクターボードに入れたい!でもちょっと大き過ぎて無理!というプレイヤーも結構いたのではないでしょうか?

このサイズなら気軽にボードに入れることができますよ。

また、オリジナルのビッグマフは大きいわりに中身がスカスカなので、フットスイッチを踏んだときにベコベコと音が鳴る時がありました(笑)

ナノマフでは改善されて、ベコベコ音が鳴らなくなっています。

カッチリとしたスイッチの踏み心地。

小さいですが、単なるコストダウンや手抜きではなく、なかなかしっかりとした造りとなっているようです。

 

最も小さいビッグマフ!Nano BIG MUFF をレビュー!

DCジャックも使いやすい位置につけられています。

オリジナルのビッグマフとは違い、日本製のエフェクターと同じセンターマイナスに変更されています。

エレハモのエフェクターはセンタープラスのものが多いので、これは嬉しい変更点ですね。

これのおかげで変換プラグは必要ありません。

普通のACアダプターをそのまま使ってOK。

 

Nano BIG MUFF Piの唯一の不満点

裏蓋を外せばわかるのですが、これ中国製なんですよね。

本当に不満点はこれだけです。

筐体の表面は白く塗装されているのですが、確かに少し雑な気もします・・・

まあ全く音に関係ない部分なので構わないですが。

私も決して中国製が悪いと言いたいわけではありません。

とくに、最近の中国製のペダルは安価でクオリティの高いものがたくさんありますからね。

ただ、エレハモは、特にビッグマフは『MADE IN NYC』であって欲しかったな~という完全に気持ちだけの問題です(笑)

それ以外には特に不満点はないです。

 

Nano BIG MUFF Pi のまとめ

オリジナルのビッグマフよりも価格が安くて、サイズも小さいので、導入しやすい機材だと思います。

やはり定番になるだけの理由があるファズだと思います。

ディストーションみたいに使えなくもないし。

普通のビッグマフとどっちを買おうか迷っているなら、

  • 見た目や生産国にこだわるなら普通のビッグマフ
  • 小さいサイズ感や実用性を求めるならナノマフ

こんなかんじの選び方でOK。

どちらを選んでも、演奏中の使い方はそこまで大きく変わらないと思います(サウンド自体がほぼ同じなので)

ただ、ビッグマフは楽器屋でよく見かける割には使っている人はあまり見かけないエフェクターですね。

というか、最近はファズを使っている人自体がそんなにいないのかも?

余談ですが、ファズならZ.VEXのファズファクトリーも私は好きです。

ファズを探している人はこちらもチェックしてみるといいかも。

 

Z.VEX ファズファクトリーのレビュー記事はこちら。

【レビュー】ファズの新定番 Z.VEX(ゼーヴェックス)FUZZ FACTORY (ファズファクトリー) 【レビュー】ファズの新定番 Z.VEX(ゼーヴェックス)FUZZ FACTORY (ファズファクトリー)

 

ほかのビッグマフのレビュー記事はこちら↓

 

こんなかんじで、今回は「Nano BIG MUFF Pi」を紹介しました。

それではまた!

The following two tabs change content below.
「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪