【レビュー】ワウペダルの大定番GCB-95 Cry Baby クライベイビーを泣かせてみる!

【レビュー】ワウペダルの大定番GCB-95 Cry Baby クライベイビーを泣かせてみる!

こんにちは!

みなさんワウペダルは持っていますか?

今回はワウペダルの定番Jim Dunlap(ジムダンロップ)のcry baby GCB-95(クライベイビー)について紹介していきたいと思います。

 

そもそもワウペダルとは?

ワウペダルとはイコライザーの部類に近く、足で操作することによって強調する周波数を操作していくエフェクターです。

大体のワウは踏み込めばスイッチがオンになってエフェクトがかかり、前に倒せば高音域が強調され後ろに倒せばこもった音になります。

言葉で表すならそれこそワウワウといった表現が似合います。

エフェクターとしてのワウの起源には様々な説がありますが、一説にはトランペットの演奏方をキーボードに取り入れたエフェクターがそのままエレキギターにも使われるようになったらしいです。

 

ワウの効果的な使い方

ワウペダルには様々な使い道があります。

例えばカッティングなどをしながら一定のリズムでペダルを開閉させることによってリズミカルな演奏をすることが出来たり、ソロにアクセントを付けたい時にワウを踏めばダイナミックな演奏をすることもできます。

その他にはワウを前倒しのままにしておくことことでトレブルブースター的な役割を果たすこともできます。

ワウを使用している曲は沢山あり、例えばGuns N’Rosesの「Sweet Child o’ Mine」やLed Zeppelinの「Whole Lotta Love」などがあります。

最近の曲ではドラマの主題歌に使われたKing Gnuの「白日」がワウを使ったフレーズが弾かれていますね。

 

わざわざワウペダルを使うことのメリット!?

最近のマルチエフェクターには、高確率でワウのエフェクターが入っていたりいていたりオートワウが入っています。

わざわざ重いワウペダルをボードに組み込むのは大変になりボードが重くなれば移動手段も考えなければいけません。

それでも個別でワウペダルを用意した方が良い理由があるんです。

 

可変域の広さ

1つ目は、ペダルの可変域の広さです。

マルチエフェクターなどのペダルは案外可変域が狭く表現の幅が狭くなります。

それに比べてワウペダルの方が幅が広くそれに伴い表現の幅が広がります。

また、ペダルによっては可変域の調整できる物もあります。

大は小を兼ねるという言葉もあるので私はワウを使うならわざわざワウペダルを用意することをオススメします。

 

ボリュームペダルを使いたい

2つ目は、ボリュームペダルとの兼ね合いです。

BOSSなどのマルチエフェクターにあることなのですが、ペダルに初めからボリュームペダルが設定されていることが多いです。

踏み込めば他のペダル系エフェクターがオンになるタイプの場合、パッチ別にワウとボリュームを別に使い分けた時にワウを踵側にした状態でパッチを変えてしまうとボリュームがゼロになってしまいます。

それならば個別にワウを用意した方がそういった心配をすることがありません。

何よりセッティングと操作が楽です。

 

Cry Baby GCB-95 クライベイビーについて

長々とワウペダルについて書き込みましたが、ここからはクライベイビーについて書いていきたいと思います。

クライベイビーは1960年代に発売されてから沢山のモデルを出しながら今も使われるロングセラーのエフェクターです。

主な使用者としては、エリック・クラプトンやジミー・ヘンドリックスの他に、上の方でも取り上げたガンズのスラッシュやチェッペリンのジミー・ペイジなど名だたるギタリストばかりです。

ジミー・ヘンドリックスとスラッシュに関してはJim Dunlopから本人のシグネチャーモデルが出ています。

音の特徴としては名前の通りに踏み込むと高域がギャンギャンしていています。

カッティングの時に使うのはもちろん、ギターソロなどの時に使っても面白いです。

クライベイビーは特にペダルの可変域が広いのでブースター的な使い方にも相性が良いと思います。

本体の仕様としては、重さが1.7㎏。

9V電池での駆動だけでなく、ACアダプターを使うこともできます。

 

クライベイビーはアダプターの接続部分が横にあるため、実際にボードを組む時にACアダプターを使っていると配線問題が出てくるので9V電池の方が便利です。

 

ただ、そもそもワウペダル自体が電力をそんなに使わないのでこまめに電池を交換しなくてもいいという利点もあります。

実際私が使っていた時は一日一時間位使っていましたが3ヶ月持ちました。

電池のほうが配線もうっとおしくないですし、ノイズも乗りにくいのでワウペダルだけ電池で使用するのもありです。

 

クライベイビーの使用感

結論から言うと、クライベイビーはとても便利なエフェクターだと思います。

そもそもワウ自体がとても自由度が高いエフェクターです。

プレイヤーのアイデアによって色々な使い方ができます。

派手にエフェクトが効くので、エフェクターの効果も分かり易く弾いていて楽しいと思います。

更にエフェクター接続の順番によっても音が全然変わり、歪みの前に置いた場合はイコライザー色が強くなり、歪みの後に置いた場合はワウの掛かり方が大きくなるので、状況によって並び替えて使った方が良いと思います。

 

クライベイビー まとめ

今回は、Jim Dunlop Cry baby GCB-95について紹介しました.

ワウペダルを一つも持ってない人にオススメのエフェクターだと私は考えています。

なぜなら効果が派手だから効果が分かり易い所で、ワウがどんなエフェクターかを掴み取り易いのが良いと思います。

ワウペダルは色々な用途に使えるので一つは持ってみてはどうでしょうか。

歪みエフェクターの次に買うエフェクターとしてオススメです。

The following two tabs change content below.