【レビュー】重低音が欲しいならこれ!Mesa/Boogieの「THROTTLE BOX(スロットル ボックス)」

【レビュー】重低音が欲しいならこれ!Mesa/Boogieの「THROTTLE BOX(スロットル ボックス)」

こんにちは、かいちょーです。

今回はメサブギー製の歪みペダル、THROTTLE BOX(スロットルボックス)を紹介したいと思います。

メサブギーといえば、大ヒットアンプのレクチファイヤーが有名。

ブルースからラウドロック系まで、幅広い層に支持されているアンプメーカーですね。

ヘビーな重低音を出すエフェクターを探している人は、要チェックなペダルですよ。

 

THROTTLE BOXの外観・仕様

実物を見ればわかるのですが、このエフェクターは見た目の高級感がハンパない。

黒光りする筐体に銀色のメッキ調のロゴが映えます。

昔からメサブギーが作るエフェクターって見た目が最高にカッコイイやつが多いんですよね。

V−TWINプリアンプの見た目とか大好きだった。

側面のマットな部分はザラザラとした手触りの質感に。

もうこの見た目から重低音が得意です!って雰囲気が漂ってきますね。

 

電源アダプターは筐体の背面にあるタイプ。

センターマイナスのアダプターが使えるので、BOSSのエフェクターなんかに使ってるやつがそのまま使い回せます。

 

 

裏面は滑り止め防止のためのゴム足が4つ。

マジックテープが貼りにくいタイプ。

 

コントロール

THROTTLE BOXには、

  • GAIN(ゲイン)・・・歪の量を調節する
  • LEVLE(レベル)・・・音量を調節する
  • TONE(トーン)・・・高域を調節する
  • MIDCUT(ミッドカット)・・・中域を削る

以上の4つのツマミがあります。

 

また、ボディ中央に LO/HI切り替え スイッチが付いています。

このスイッチを切り替えることによって歪みの深さを調節することができます。

 

そしてエフェクターのON/OFFの切り替えフットスイッチはかためで。カチッとしっかりとした踏み心地のスイッチです。

 

ブーストスイッチを搭載

裏蓋を開けたところの基盤内部に、ON/OFF切替の可能なBOOSTスイッチを搭載。

このスイッチにより、さらに低音を強調して音圧を出すことができます。

 

4つのネジで止まっている裏蓋開けた状態。

 

画面中央あたりに黒い突起物があるのがみえますか?

これがブーストスイッチです。

左右に動かすことでON/OFFを切り替えることができます。

 

THROTTLE BOXのサウンド

THROTTLE BOXのサウンドは、まさにハイゲインな重低音サウンド。

ラウドロック系のサウンドですね。

歪みのキメは深く細かい。

低音が強調されてはいるけど、タイトな音でボケボケしないサウンドが出ます。

これぞまさにメサブギー!っていうイメージどおりの音が出ると思います。

ただし、メタルのような王道のザクザクとした刻みが得意というわけでもないです。

そのあたりを期待して購入すると失敗するので気をつけてください。

また、このペダルはローゲインでも使えるので、ディストーションとしてではなく、オーバードライブ的な使い方も可能。

意外にもナチュラルな歪み方もします。

ただ、やはりこのペダルはディストーションとしてガッツリ歪ませて使ったほうがキャラクターを活かせるかと。

そしてけっこう歪ませてもノイズはかなり少ないです。

 

THROTTLE BOXのバリエーション

THROTTLE BOXにはイコライザーがついた上位版が存在します。

 

実質THROTTLE BOXの上位機種。

5-Bandグラフィックイコライザーを搭載。

基盤内部にあった、ON/OFF切替の可能なBOOSTスイッチがボディ表面に移動されて使い勝手も良くなっています。

普通のTHROTTLE BOXに比べて、一歩踏み込んだ音作りが可能になっています。

 

THROTTLE BOXのまとめ

いかがでしたか?

メサブギー製の歪みペダル、THROTTLE BOX(スロットルボックス)を紹介しました。

このペダルは、中低音が強調されたオーバードライブ〜ディストーションまでカバーできる歪みペダルだと思います。

とにかく低音の出る歪みが欲しい!しかも簡単に!今すぐに!っていう人にピッタリのエフェクター。

ある意味では、どんなアンプでもメサブギー風のサウンドが出せるようになるアンプシミュレーターみたいなペダルでもあります。

それではまた。

The following two tabs change content below.
「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪