【レビュー】ELECTRO-HARMONIX Green Russian Big Muffは音が太い【ファズ】

【レビュー】ELECTRO-HARMONIX Green Russian Big Muffは音が太い【ファズ】

こんにちは、かいちょーです。

今回紹介するエフェクターは、ELECTRO-HARMONIXの「Green Russian Big Muff(グリーン ロシアン ビッグマフ)」です。

ビッグマフはファズペダルとして有名なペダル。

そして、年代によって生産国や仕様が違うのもよく知られています。

このGreen Russian Big Muffは、ロシアでSovtek社が生産していた時代の物の復刻版。

当時の回路も忠実に復刻した物らしいです。

ということで、普通のビッグマフとはちょっと違うこのペダルをレビューしていきたいと思います。

 

Green Russian Big Muffの特徴・仕様

筐体は渋めのグリーンカラー。(正式名称はアーミーグリーンっていうらしい)

オリジナルのビッグマフと違い、ミリタリー色の強い見た目になっていますね

筐体の大きさはナノサイズでの復刻になりました。

オリジナルはエレハモらしいおおきなサイズの筐体だったのですが、個人的にはボードに組み込みやすいので、ナノサイズの復刻で正解だと思います。

 

復刻するにあたってACアダプターが使えるようにDCジャックも搭載。

しかも現代の基準に合わせてセンターマイナスが使えるようになっています。

オリジナルのグリーンマフは電池でしか使えませんでした。

復刻に合わせて、こういう細かいアップデートをしてくれるのはありがたい。

 

Green Russian Big Muffのサウンド

ファズの音を文章で伝えるのは本当に難しい!

なので、上の動画を見てもらえればよくわかりやすいと思います。

メッチャ低音が効いてませんか?

グリーンマフは、他のマフ系ペダルに比べて、中低音が強調されたペダルだと思います。

そしてどこまでも伸びるような長いサスティーンが特徴。

あと、意外に落ち着いたサウンドですよね。

ファズの中では比較的、扱いやすいペダルでしょう。

 

ロシアのSovtek社のロゴマーク

TONEノブとSUSTAINノブの間にSovtek社のロゴマークが。

このマークがロシア製ビッグマフの目印。

 

スイッチの下に印刷されている謎の文字。

発音は全くわからないですが、ロシア語で「オーバードライブ」という意味らしい。

 

Nano Big Muff Pi との比較

対称的な見た目の2台。

ナノマフとグリーンマフ、どちらのペダルを買おうか迷っている人も多いのでは?

もうこれに関しては完全に好み。

どっちが上とか下はないと思います。

音でも見た目でも、好きなほうを買えばいいと思います。

なんなら両方買ってもいい。

ツマミの数も操作性も同じなので、まったく迷わずに音作りもできるはず。

 

とにかく太い音が欲しい。

太くなければマフじゃない!という人はグリーンマフにしておきましょう。

ナノマフよりもディストーション寄りの歪み方。

使いやすいファズでしょう。

 

王道のビッグマフサウンドが欲しいならこれ。

良くも悪くも極端な音が出せるのはこちらかと。

ブルースで使えるような甘い音だって出せます。

 

ほかのビッグマフのレビュー記事はこちら↓

 

オリジナルのグリーンマフはプレミア価格に

当時のグリーンマフは、現在も非常に人気があり、プレミア価格で取引されています。

状態によるけど、だいたい2万円〜3万円ぐらいかな。

グリーンマフが欲しい人は高価なヴィンテージ品を購入するしかなかったので、こういうペダルの復刻は嬉しいですよね。

しかもオリジナルよりもアップデートされて使い勝手が良くなっているのが嬉しい。

こんなペダルが1万円ぐらいで手に入るので、良い時代になりましたね。

 

Green Russian Big Muff のまとめ

Green Russian Big Muffの試奏レビューでした。

元々、ビッグマフは音が太いんですが、さらに太い音を求めるギタリストにオススメのペダルだと思います。

ファズ特有の音のザラつきも少なめなので、よりディストーションっぽくも使える。

低音が良くでるので、ベースに使うのもありですね。

実際にベーシストの人でもビッグマフを使っている人は結構いると思います。

ファズペダルを探している人はこの見た目とサウンドが気に入ったならぜひ一度試してみてください。

それではまた。

The following two tabs change content below.
「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪