【レビュー】BOSS GE-7はイコライザーだけどブースターにも使える万能ペダルだ!

【レビュー】BOSS GE-7はイコライザーだけどブースターにも使える万能ペダルだ!

こんにちは。

今回はメチャクチャ便利なエフェクターについて紹介したいと思います。

それはBOSSのGE-7 グラフィックイコライザーです。

歪み系ペダルの陰に隠れてイマイチ目立たないかもしれませんが、実は超有能なペダルなんですよ!

本当に多用途過ぎて、可能性の塊みたいなエフェクターなんです!

ということで、今回はGE-7がいかに優れたエフェクターなのか紹介していきたいと思います。

 

そもそもイコライザーとは?

簡単に説明すると、イコライザーとは音質を補正・調整するものと考えてください。

「ちょっと低音出過ぎかなー?」

「高音が耳に痛いなー」

みたいな時に不要な部分をカットしたり、必要な部分をカットしたりするという使い方が基本的な使い方ですね。

音作りが上手い人ほど、このイコライザーの使い方が上手。

アンプでいうところの、「BASS」「MIDLE」「TREBLE」のツマミですね。

 

GE-7の使い方・活用法

イコライザーが何なのかわかったところで、GE-7の具体的な使い方に付いて説明していきましょう。

大きく分けて2つの使い方があります。

 

①音質変化・イコライザーとして使う

最も一般的な使い方ですね。

GE-7はツマミで視覚的・直感的に音質が調節できるので非常に使いやすいです。

良い音を作るコツとしては、音を引き算で考えましょう。

足りない部分を足すのではなく、余分な部分を削るという使い方をすると良いでしょう。

こんなかんじです。

音作りで悩んでいる人はぜひ試してみてください。

GE-7にはボリュームツマミがついているので、音質を調節したあとはボリュームのツマミで全体の音量バランスを整えてあげると良いでしょう。

また、ツマミの調整次第では、ワウの半止めサウンドのような音も再現できます。

最近ではあまりワウの半止めサウンドを使っている人が少ないけど、今だと逆に新鮮に感じるかも。

ペラペラな音を作ったり、ドンシャリサウンドを作ったり、GE-7を使いこなせば出したい音質を思い通りに出せるようになりますよ。

 

②クリーン・ゲイン ブースターとして使う

通常はブースターとして歪みペダルを使うことが多いのですが、GE-7をブースター代わりに使っているプレイヤーも結構います。(というか一時期流行りましたね)

GE-7がブースターとして優れているのは、クリーンブーストとゲインブーストの両方で使えてしまうところ。

歪みエフェクターの前に繋げばゲインブーストに。

歪みエフェクターの後に繋げばクリーンブースターになります。

音質の変化によるミッドブーストやトレブルブーストなんかもできるので、ブースターとして非常に優秀なんです。

ブースターとして使う時のコツは、音量でブーストするのではなく、イコライザーでブーストすることです。

音量を上げるのではなく、音を前に出すっていうことですね。

迷ったら、ツマミの部分がVの形になるように調節してみてください。

いわゆるミッドブーストの形です。

こうすることで、音量を上げていないのに音量が上がったように感じると思います。

ここから余分な部分や足りない部分を調節していくとギターソロ向きのブースターとして使いやすいと思います。

 

BOSS GE-7 のまとめ

まだGE-7を試したことのない人はぜひ一度試してみてください。

音作りの悩みが解決するかもしれません。

ブースター用の歪みペダルを色々試している人は、案外GE-7で落ち着いちゃうかも。

また、アイデア次第では様々な使い方ができるエフェクターなので、一個持っていても絶対損はしないと思います。

プロの愛用者が多いのも納得。

BOSSのペダルの中でもかなり長い期間で販売されているペダルです。

使いやすいので、きっと売れてるんですね。

The following two tabs change content below.

かいちょー

「ギターハック」の管理人。今までに購入したギターの本数は100本以上。主にギターに関するレビューやお役立ち情報を記事にしていきたいと思います。少しでもあなたの音楽活動の役に立てれば幸いです。趣味はギターの改造とリペア。ギター教室にも通っています。気になる記事や良いなと思った記事があったらシェアしてもらえると嬉しいです♪